大学スポーツ推薦.com

大学スポーツ推薦.com > 大学スポーツ推薦で退部した場合

大学のスポーツ推薦で入学後に退部した場合

 高校までのスポーツにおける実績で、大学にスポーツ推薦できる制度がありますが、何らかの事情で対象種目の部活からの退部を考えたことはないでしょうか?退部を考え始める理由は様々です。部員のスキルレベルが高すぎて、練習についていけず、自分の能力に疑問や限界を感じることや、部活動中に怪我をしてしまい、競技続行が難しくなることが考えられます。

 人間関係によるところもあります。選手同士、選手と指導者のトラブルやミスコミュニケーションも退部の引き金になりますし、金銭面による部分もあります。特にスポーツ推薦やスポーツ特待生においては、金銭面で優遇されるケースもあります。金銭面さえクリアできればと思っている学生からすれば非常に助かりますが、それさえも難しくなってしまえば、退部も余儀なくせざるを得なくなります。

 そして、退部となると大学からの退学も視野に入れないといけない可能性もあります。スポーツ推薦や特待生で入学した学生にとってみれば、スポーツで認められて入学ができたので、自分が所属する価値は無いと考えてしまいます。

 ここまで、退部に至るまでの原因をあげましたが、では退部した場合にどのような事が起こるのでしょうか?


スポーツ推薦で大学に合格したけれど途中で退部するとどうなるのか?

【高等学校が大学側にスポーツ推薦をするということの意味を考える】

 スポーツ推薦や特待生として大学に入学する場合、所属する高等学校からの推薦も大きな決め手となります。高校生活の積み重ねで実現できたスポーツ推薦とも読み取れるので、大学側にしてみれば、高校時代は実際どうだったのかと考えるでしょう。

 高等学校がスポーツで生徒を大学に推薦するということをよく考えてみてください。高等学校側からすると「高等学校が信用できる生徒ですので推薦します」という意味合いで大学側に推薦状を書いています。退部や退学をすると、高等学校における信用を失います。もちろん、怪我や病気、家庭の都合で競技を続行することが難しいということであれば、信用を失うということは無いと思いますが、学生自身の身勝手な都合によるものであれば、高等学校を始めとした周囲に悪影響を及ぼします。

 周りだけでなく、生徒自身にも悪影響を及ぼします。自身の評価を落とすだけでなく、その後の就職活動において、不利に働くことも考えられます。退学となれば、せっかく掴んだ大学生活と同時に、大学卒業という学歴も失います。もし悩みや相談で解決できるのであれば、そのように考えてほしいところです。


【スポーツ推薦で退部するメリットとデメリット】

 もちろん、どうしようもなく退部に追い込まれることもあるでしょう。部活によっては、拘束時間が長いという話もあります。はじめは競技が好きだから、大学に入っても好きなスポーツを大学生活の中心に据えたいという考えはあるでしょう。それが、卒業まで貫ければ一番良いのですが、スランプもあります。スランプという逆境を乗り越えながら、自身の成長を促すことも考えられますが、ストレスの影響で体調不良に追い込まれる危険性も考えられます。

 病気をしてまで、スポーツ推薦で手に入れた部活動を続ける必要もないと考えられます。自分の時間を増やして、ストレスを減らすことも決して悪いことではありません。

 一方、スポーツに打ち込んできたので、スポーツをすること以外の楽しみを掴めていない可能性もあります。同じ部活に所属する選手たちとのパイプは減っていき、時間を持て余すことも考えられます。

 スポーツ推薦や特待生で入学したからと言って、大学側から罰則を受けることはほぼないと言われています。ただし、スポーツ推薦や特待生入学で得た特典は失うことになるでしょう。特典を減らすということは援助が減り、その先には金銭面における苦しみが待っていいます。

 大学にスポーツ推薦や特待生として入学するということは、一見華やかに見えますが、様々な事情で部活を辞めたいと言っている生徒もいます。自分自身が受けるメリットやデメリットに左右されながら、学生生活を謳歌することは年々難しくなっているのかもしれません。

 退部する前に、自分の置かれている状況をしっかり考える必要がありますね。


【退部したとしても下を向かないこと】

 部活を退部したからと言って、落ち込む必要はありません。これまで競技に打ち込んできた経験をしっかり生かすことが大事です。大学は学ぶ場所でもあります。だから、退部後もしっかり学べばよいのです。ただし、大学側からの援助が減ることもありますので、そこは覚悟しておかないといけません。

 大学で学び続ける事と同時に、社会人になるための準備をしていくことが大事です。大学までよりも、社会人として生きていくことの方が時間としては長くなります。そして、これまでスポーツで打ち込んできた経験を生かせる場を探すことです。スポーツ推薦で入学できたということは、少なくともスポーツで結果を残してきたからです。結果を残すためには、多くの苦労を積んできたはずです。厳しい練習にも耐えてきた精神力は、目を見張るものがあります。

 一般入試で入学してきた学生に比べれば、メンタル面の強さや粘りはあるはずです。そこには自信を持ってください。あなたの好きなスポーツを生かした職業をぜひ目指してみてください。直接競技には関われないかもしれませんが、きっと違った景色を見ることができるでしょう。退部したとしても下を向かないことが大事です。